HOME>イチオシ情報>チャペル挙式よりも費用を抑えることが出来ます
花嫁

神聖な場所で行う伝統的な挙式です

神前式は神社や、結婚式場に設置されている神殿などの、神聖な場所で行う日本の伝統的な挙式です。格式が高く、厳かな印象なので中高年だけでなく、若い年代にも人気があります。神前式の最中は私語は厳禁になっており、厳粛な雰囲気の中で永遠の愛を誓います。家と家との絆を深めるための挙式なので、親族や家族で盃をかわします。結婚式場によっては、雅楽や巫女の舞などを行う所もあります。男性の場合は紋付の羽織袴、女性の場合は色打掛や白無垢などの、和装の衣裳を着用します。現代は和服を着用する機会が減少しているので、神前式に憧れている人が増えています。チャペル挙式と同様に指輪交換を行うこともあります。全天候型の結婚式場を選ぶと、雨天でも安心して挙式が出来ます。チャペル挙式に比べると、招待する人数が少ないので費用を抑えたい人にもお勧めです。

挙式の後は披露宴を行います

神前式を予定しているカップルは、結婚式場に予約を入れておく必要があります。地元で人気の高い神社や、結婚式場の神殿で行うことが多いです。大安吉日は希望する人が多いので、早めに予約を入れておくと安心です。神前式が終わると、家族や親族、親戚などで披露宴を行うことが多いです。チャペル挙式とは違って、親族や身内、親しい友人などで行うので、費用を抑えることが出来ます。神前式は初めての人が多いですが、神職や巫女などが丁寧に指導をしてくれるので、基本的な作法を知ることが出来ます。口コミで評価の高い結婚式場を選ぶと、接客マナーの丁寧なスタッフが在籍をしているので、予算に応じたプランを提案してくれます。艶やかで華やかな雰囲気の色打掛は、定着した人気があります。白無垢よりもややレンタル料が高めです。